AGAはなぜ起こる?治療方法はなにがあるの?

AGAのナゾ 知って得する!コラム記事

最近、「抜け毛が増えたな」「頭皮が見えてきてる?」「毛量が少ない!」などと感じたことはないでしょうか。
年のせいかな?と思う人もいますが、中には20代にしてこれらを感じてしまう人もいます。
とくに思いあたることもないのに、抜け毛が多くなったり、薄毛が進んでいくなら、それはAGA(男性型脱毛症)かもしれません。

AGAは気づいた時にできるだけ早く対処するべき脱毛症。
そのまま放っておくと、毛根が死んで一生毛が戻らなくなってしまいます。

そこで、AGAの治療方法を学びながら、AGAとはなんなのか、またなにが原因で起こるのかを見てみましょう。

AGAとは?

AGAとは?

AGAとは、男性型脱毛症の略称で、その名の通り成人男性特有の脱毛症です。

発症頻度は、20代で約10%、30代で20%、40代で30%、50代以降で40数%と言われており、年を重ねるごとに発症しやすくなります。
全国では、1,260万人の人がAGAであり、そのなかでケアをおこなったことがあるのは650万人ほど。

通常はおでこやつむじの抜け毛が増えたり、髪が軟弱化して毛が薄くなったりします。
どちらか片方から症状が出る人もいれば、両方から出る人もいます。
中には、後頭部や側頭部にもおなじ症状が見られる人もいますが、それは稀。
そのため、おでこの生え際や頭頂部を注意しておきましょう。

AGAはどう起こる?

AGAは男性ホルモンが原因で起こります。

髪はヘアサイクルに沿って、生えては抜けを繰り返していきます。
本来なら、生えた髪が成長する期間が2~6年程度、成長が止まり頭皮から抜け落ちる期間が2週間程度、抜け落ちて次の毛が生えてくるまでに3~4ヵ月程度かかります。
しかし、AGAの人は髪が成長する期間が極端に短くなっているのです。

【ヘアサイクルって?】
髪が生えて抜け落ちるのを繰り返す周期のこと。
髪が育つ[成長期]→髪が抜ける[退行期]→次の髪が生えるまで[休止期]と移り変わっていきます。

なぜ成長期間が短くなっているのか。
それには男性ホルモン・テストステロンと酵素・5αリダクターゼが結合してできる、男性ホルモン・DHT(ジヒドロテストステロン)が関わっています。

作りだされたDHTは毛根にある毛細胞とくっつき、髪に成長を止めて抜け落ちるように信号を出します。
信号を受けた髪は成長途中であってもただちに成長をストップするため、細く弱い髪となり、そのまま抜け落ちていくため、抜け毛が増えるのです。
これがAGAがおこる流れです。

AGAの原因

AGAになる原因は?

男性ホルモンであるDHTの影響でAGAがおこりますが、DHTが発生する原因はあるのでしょうか。

DHTは男性であれば誰でも作られる成分です。
しかし、DHTが作られやすいからといって必ずしもAGAになるわけではなく、逆に作られにくいからAGAになりにくいというわけでもありません。

AGAはDHTの作られやすさと毛細胞との結合のしやすさによって左右されます。
DHTが作られやすければそれだけで発症する可能性は高くなり、毛母細胞と結合しやすければ作られる量が少なくても発症し、結合しにくければ作られる量が多くても発症はしにくくなるのです。

作られやすさと結合のしやすさは遺伝によって決まるため、親戚にハゲている人がいれば警戒が必要となってきます。

栄養不足も髪の敵!

AGAの大部分はDHTが原因となっていますが、けっしてそれだけが原因ではありません。

髪が成長するためには、栄養が必要不可欠。
その栄養は血液から摂取しています。
しかし、髪は体の末端にあるため、血液が届きにくい傾向にあります。
そんな中、睡眠不足や偏った食生活、喫煙をおこなうと血管が縮んだり、血液中の栄養が減ったりして十分な栄養が髪に行き届きにくくなってしまうのです。

栄養を十分に摂取できなかった髪は成長できず、軟弱なまま抜け落ちていくため、薄毛や抜け毛が起こりやすくなります。
日々の生活態度が髪の成長に関係してくるのです。

AGAの治療方法

AGAの治療方法

AGAはいくつか治療法があります。

【治療方法】
・治療薬
・植毛
・増毛
・再生療法
・漢方
・鍼灸治療
など

有名な治療方法は植毛や増毛、薬を使った治療ですが、オススメの治療方法は発毛・育毛効果のある成分を使った薬での治療。

植毛では後頭部の髪を皮膚ごと移植することでおでこやつむじの薄毛を治し、抜け毛を改善します。
しかし、髪の量は増えません。
増毛は今ある髪に人工毛をくくりつけるため、髪が1本抜けると2~3本抜けてしまいダメージは増加してしまいます。

ですが治療薬ならAGAの原因であるDHTの発生を防ぐため、AGAを根本から抑えて抜け毛を防ぎ、より多く頭皮に栄養が送れるため、丈夫な髪へと成長でき薄毛を改善できるのです。
AGA治療薬でのAGA改善が一番確実で一番効果的な治療法なのです。

タイトルとURLをコピーしました